【社長/経営者必見】風水で家庭運がアップするリビングや部屋づくりについて徹底解説

Last Updated on 2021年9月1日 by teioufusui

社長にとって「仕事」と「家族」のバランスは、とても難しいです。

会社で最も時間を必要とされる立場で、絶対に抜けられない仕事もあります。

 

そして、成長率が高くなればなるほど、めまぐるしい勢いで仕事に時間を奪われます。

そんな中で「家族とのバランスをどう取ればいいんだろうか?」と頭を抱えている方も多いでしょう。

 

今回の記事では、そんな経営者の方の為に、家庭運が上がる開運風水やリビングの風水対策について紹介いたします。
ぜひ当記事を参考に、ご自身のお家に当てはめてみてください。

 

家庭運アップはリビングが左右する

家庭運をアップさせるには、リビングが重要です。

リビングの大きさやリビングの位置が家族との会話や雰囲気に大きく左右します。

 

ここでは、リビングが大切な理由やリビングの位置する各方角による気を付けるべきポイントなどを解説していきます。

 

リビングが大切な理由

 

家庭運が上がるのに大切なのは、部屋の中心――太極の位置です。

太極の位置は玄関やエントランスより大事な存在です。

 

最も良いのは、太極の位置がリビングにあることです。

その条件を満たすだけで、家族全員が太極の恩恵を受けることができます。

間取りを考える時に、ぜひ部屋のドアの向きや、家の中心の位置をチェックしましょう。

 

家庭運が上がるには、家族たちが揃って過ごせる場所づくりが大切です。

 

家族が集まるリビングをできるだけ居心地の良いものにするよう気を付けましょう。

 

例えば、リビングの面積を大きくとって、南側に面した部分がポーチとなります。

明るさと風通しによって、とてもよい間取りになります。

さらに、階段をリビングやダイニングに持ってくるのも、とても良い設計です。

 

2階に上がる時は必ずリビングを通ることになるため、自然と家族と顔を合わせる機会が増えます。家族との交流を増やせば増やすほど、家庭運が上がることに繋がります。

 

また、リビングは家の真ん中に置くと、浴室や洗面所に行く時には、必ずリビングを通るので、家族と顔を合わせる機会が増えます。

 

さらに、家の太極がほぼリビングと和室の境目にある場合、普段は部屋の仕切りを開いておき、 和室のスベースをリビングの一部として使うようにすれば、家庭運だけではなく、家族全員の全ての運気がアップします。

 

面積の広いリビングがあると、家族と顔を合わせる機会が増え、家族が触れ合えば触れ合う分だけ家庭運がアップします。

 

南にリビングがある場合

南にリビングがある場合、冬場でも温かく明るいため過ごしやすくなるため、家庭運がアップします。大きな窓があり、テラスを設けることができれば、さらに家庭運はアップします。

 

水槽を置くと、家庭運が下がるので南側にリビングが位置する間取りでは、水槽を置くのを控えましょう。

 

また、南の方角では強い色に注意が必要で、緑や白系のカラーが良いとされているので、壁紙や絨毯などで色を統一してみてください。

 

東にリビングがある場合

朝日が差し込み、朝から家族団らんをしやすいため、家族との時間が増えて家庭運がアップします。窓を大きく取り、光がよく入るようにすれば、更に運気がアップします。

 

東側のリビングは、水と相性が良いので、青系か緑系のカラーのインテリアを取り入れると良いでしょう。青系のカーテンなどが良く、家庭に発展運を運ぶと言われています。

 

西にリビングがある場合

西向きのリビングは金運をアップさせるといわれており、自営業で商売をしている家族の場合、家族運も上がるでしょう。

 

西日強いため、西日対策の窓を選んだり、ラッキーカラーが黄色なので黄色のカーテンを選んだりすると、より運気がアップします。

 

ベージュやブラウンを少し重ねて取り入れると、運気は安定します。

 

北にリビングがある場合

北向きのリビングは家族の信頼関係がアップし、運気が安定します。

 

北側にあるリビングは日当たりが悪く冷えやすいリビングとなりがちなので、照明は明るめにして、冬場の暖房も配慮してください。

 

そのため青などの寒色系は使わず、オレンジやベージュなどの暖色系を使いましょう。オレンジのクッションカバーやソファなどが良いです。

 

リビングの風水対策

吉相の家でなくても、諦める必要はありません。

風水的リフォームを行えば、家庭運の吉相の家に変身できます。

 

家庭運のカギを握るのは、リビングの雰囲気です。

 

家族全員が集まるリビングの雰囲気が、家庭運の運気を左右すると考えられます。
子供がいづらいリビングや、家長が落ち着けないリビング、帰りたくなくなるリビングでは家庭運アップと繋がりにくいです。

 

窓の位置に注意

リフォームの際は、窓の位置やリビングの雰囲気づくりに気を付けましょう。
明るい印象を受けるリビング作りは、良い気を集めるには、とても重要なポイントです。

リフォームの際、窓は光を取り込めるように大きくしましょう。

また、壁紙もモノトーンよりは明るい色合いにすると非常に良いです。

 

リビングを明るく、あたたかく、落ち着ける場所にすることで、家族全員が自然に集まり、楽しく会話を弾ませることができます。

 

そうすることで、家庭運が自然にアップしていきます。

明るい壁紙と大きな窓にして、家族が集まりたくなる、暖かなリビングを目指しましょう。

 

開運アイテムを置いて運気を上げる

 

続いて、家庭運アップ開運風水のインテリアを紹介いたします。

 

家族の写真

家族写真を飾るのは、家庭運が上がることにつながります。
できるだけたくさん飾るようにしましょう。

フォトフレームの素材は、ガラス製のものよりも木製フレームのほうがより良いです。
形は長方形より円形のほうがより家族運のアップになります。 

 

暖色系のコーディネート

クリーム色やオレンジ色などの暖色系を取り入れる部屋は、より良い気を集めるのに効果的です。 特に、部屋全体の雰囲気は明るくて、寛げる場所になり、帰りたくなる家になります。

モノトーンの色系は、暗い印象になりがちなので、できるだけ避けましょう。

 

ローズクォーツ

ローズクォーツは愛情を高めるエネルギーがあるパワーストーンです。 寝室のベッドサイトに置くと、夫婦の間の愛情や親子、兄弟の家族愛を高めることができます。

キュートなアイテムは精神的な癒し

 

可愛いアイテムをリビングに置くと、精神的な癒しになります。 気分を落ち着かせてくれる招き猫や動物の置物はストレス緩和の効果があります。 家族が落ち着いて、寛げるリビングになります。

 

仏壇の位置に注意

家庭運アップに注意が必要なのが、仏壇の位置です。
先祖供養の象徴である仏壇が孤立して、家族が集まりにくい部屋になると、家庭運が下がることになります。

と同時に、先祖を敬う思いが育ちにくくなります。

リフォームの際に、できれば仏壇の位置をリビングや中央の位置に置くと吉相になります。

仏壇は誰も集まらない部屋より、家族が集まるリビングに置く方が、常に家族とともにいられると考えられます。

 

また、先祖がそばにいることで、より大切にしようという気持ちも生じます。
その思いは親孝行とつながり、家庭運が自然に上がることになります。

仏壇の向きは、宗教などで決められた方位にしましょう。

 

家庭運を上げたい経営者の方必見!帝王風水の個別コンサルティング

家庭運を上げたい経営者の方は、ここまでを読んでいただいて、リビングの大切さや開運アイテムなどについて理解していただけたと思います。

 

しかし、理解して実際に自分の家でリフォームや風水対策を行おうとしても、どのように行うのが最適か分からない方がほとんどだと思います。

 

そこで、家庭運を上げたい経営者の方は、帝王風水の個別コンサルティングがおすすめです。帝王風水の個別コンサルティングを受けると、現在の環境の強みと弱みをわかり、お持ちの建物や環境に効果的な気の流れの使い方・考え方を知れるので、幸運や運気を徹底的に意識して経営できるようになります。

 

実際にコンサルを受けて、売上が上がった事例もいくつもあるので、ぜひご興味のある方はお申し込みください。

 

まとめ

今回は社長が家庭運をアップするために、リビングの大切さやリビングの風水対策について紹介しました。

 

家庭運をアップさせるために、今回の記事で紹介したことをぜひご自身のお家に当てはめて、実践してみてください。

 

「帝王風水メール講座」では運気が下げるNG事例も多数伝えています。

幸運を掴みたい経営者の方はぜひご登録ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事