【経営者必見】風水で金運が上がる方法を徹底解説!

Last Updated on 2021年9月1日 by teioufusui

中小企業経営者の多くが経営全般に悩んでいるようですが、その中でも、最も多くの経営者が悩みを抱えている領域は何なのでしょうか?

 

経営の悩みを上位3つに絞って詳しく解説するが、中小企業経営者の悩みトップ3は、「売上拡大」、「コスト削減」、「資金調達」です。

 

全部「お金」と関係がありますので、今回は社長が金運アップの秘訣を伝えます。

 

帝王風水を普段の仕事や生活に取り入れると、金運が上がる効果を期待できます。

 

セミナーでもお伝えしている「金運アップ」のために必要な情報をお伝えしていきたいと思います!

 

【金運アップ】風水と玄関の関係について

 玄関は気の流れに影響を与える


玄関はすべての気の入口で、気の流れを大きく左右します。

 

明るく綺麗な玄関は、縁起が良く幸福で温かい家庭が作りやすいですが、暗く汚れた玄関からは幸の薄い気が入りやすくなるので、玄関は綺麗に明るく保っておきましょう。

 

本命卦と金運の関係について

玄関で最も大切なのは、「向きを家長の本命卦」の吉方位に合わせることです。

(本命卦の計算のやり方はこちらをご参考)

 

金運は、実りの秋や収穫を表す西方位を活かすことが基本です。

西に吉方位を持つ「西四命」の人は、西向きに玄関を置くと良いでしょう。

 

玄関からホールを通って、すぐにリビングになる間取りは、金運アップには最適な間取りです。

 

太極がリビングにあり、家族全員にとって幸運をもたらす場所となっていることが大きなポイントです。

 

気を部屋の中から逃さない

入ってきたお金を入った分だけ使っていてはお金がたまらないように、金運アップには、入ってきた良い「気」を漏らさず「貯める」ことも大切です

 

たとえば、玄関の正面から続くラインにベランダや大きな窓ではなく、壁が塞いでいたりすると、入ってきた気が、洩れにくい間取りとなっています。

 

さらに、凶方位である「殺気」の場所に、キッチンや、浴室を配置すると、凶方位にたまる悪い気を外に流すことがスムーズになります。

 

悪い気を外に流し、良い気を家の中に留めることによって、家長の運気を良くなり、収入アップの後押しとなります。

 

【気を逃す風水NGポイント】

・照明やインテリアの雰囲気が暗い

・水回りの掃除がきちんとされていない

・玄関マットを洗わず玄関が汚れている

 

このように、気を逃してしまう風水のNGポイントはいくつもあり、様々なことに気を配らないと良い気を家の中に溜めることは出来ません。

 

「その他にも様々なNGポイントや」最適な風水対策があるため、気になる方は帝王風水の

メルマガのご登録をお願いします。

 

 金運アップの風水に基づいた家の間取り

玄関の破財殺を改善し金運アップ

 

金運アップの秘訣は、玄関から入る良い気をできるだけ家の中に取り込むことです。

 

そして、吸収した良い気を部屋全体に巡らせて、外に、逃がさないよう、家全体の気の流れを調整することです。

 

つまり、家に良い気が貯まる家は、お金も貯まるということです。

 

リフォームでは、良い気を吸収し、外に漏れないように、理想の間取りに近づけることはとても大事です。

 

風水では、「破財殺」(はざいさつ)と言います。

 

「破財殺」とは、せっかく玄関から、良い気が入っても、家の中に溜めることができなく、外に漏れてしまうことです。

 

気はお金の流れに影響しますので、気が家の中に溜まらない事が原因で、財が貯まらないという家相です。

 

玄関から、窓や階段が見える場合は、典型的な「破財殺」と言えます。

リフォームの時に、部屋を作ったり、階段の向きを変えたり、大きい本棚や収納棚を置くといった対処が必要です。

 

【金運を逃してしまう間取り】

・玄関に大きな窓がある

・玄関と廊下が直線で結ばれている

・玄関の目の前に階段がある

 

旺気と生気の水回りは要注意

 

旺気と生気について

風水の方位学では、「旺気」は良い気のことを指し、「生気」とは最大吉方位のことを指し、その方角は気が溜まりやすく、良いことが起こりやすいです。

 

水回りを「生気」に配置すると気がぶつかりやすく、吉方位が無駄になってしまうので注意しましょう。

 

水回りの気が運気を左右する理由

リフォームの時に、ぜひ水回りの場所をチェックしましょう。

せっかく、玄関から取り入れた良い気が、水の流れと一緒に、地下や、外に流れていってしまうケースがあります。

 

家の玄関が西を向く場合には、財運を握る場所が、家の東になります。

もし家の東に浴室があると、いちばん気を貯めなければいけない東の場所の気が、外に抜けて行ってしまいます。

 

浴室だけではなくて、トイレ、キッチン、洗面所、洗濯機を配置するとせっかく入った良い気は、逃げてしまうので、リフォームで改善をしたほうが良いですね。

 

風水に基づいたリフォーム例

良いリフォームの事例を見てみましょう。

 

例えば、浴室の場所をリフォームで移動します。
元の浴室の場所に、リビングを配置することによって、凶相を吉相に改善できます。

 

吉相の家でなくても、諦めることはありません。

 

開運風水リフォームを行えば、金運が上がる吉相の家に変身できます。

 

帝王風水では、開運のための個別コンサルティングをしているので、ご自身に合った開運風水リフォームが分からないという方はぜひご登録ください。

 

金運アップのためのインテリアや置物について

良い気を取り入れる開運風水の家づくりの次は、さらに金運をアップしてくれるインテリアに挑戦しましょう。

 

部屋の色使い、家具の配置、アイテム選びなど、大事なポイントを押さえて、金運アップ開運風水のインテリア術を学びましょう!!

 

凶方位に植物を置く

風水においても、凶の方位がどうしても家の中にあります。

 

特に、「死気」という方位の使い方次第、凶の作用から、吉の作用に転換することは可能です。

 

間取りを変更する大がかりなリフォームが出来ない場合でも、その位置に観葉植物や水槽などのインテリアを置くスペースをつくって、それらを置けば、「死気」の方位の凶作用が転じて吉となり、財運をアップさせることができます。

 

リフォームが難しい賃貸マンションや、分譲マンションなどの場合、ぜひ台を作って、 観葉植物や水槽を置いてきれいに保ちましょうね。

ご自身の身の回りの環境を少し変えてみるだけで、間違いなく、部屋の凶相を吉相へと転じさせてくれます!!

 

玄関におすすめのインテリアと注意点


リフォームで部屋の位置を変えることができない場合は、玄関からべランダや大きな窓の一直線の通り道に大きな衝立や、本棚を置きましょう。

それらが気をコントロールして、気の流れを変えてくれます。

 

そして、玄関に飾ると、逆に金運の下がるNGインテリアには注意してくださいね

 

【NG!】注意すべきインテリアや置物について

鏡は、正面に置くと入ってきた運気を跳ね返してしまうのでNG!ただ、右側に置くと地位や名誉が、左側に置くと金運がアップするといわれているので、鏡は玄関に入って左右に起きましょう。

 

玄関にドライフラワーやブリザーブドフラワーを置くのは、風水上「死んだ花」に分類されるため、悪い気を生む凶相なので控えましょう!

 

玄関は気の入り口であり、家全体に良い気を巡らせるためにも陰をイメージさせるような暗い色の部屋にしてはいけません。優しい灯りの証明や暖色のマットや置物を購入しましょう。

 

風水で金運を上げたい方必見!帝王風水の無料メルマガ

経営者の方は、企業の資金調達や売上など様々な面でお金が大切な要素になってくるので、金運をつかみ取ることがとても重要です。

 

今回は、金運をつかむために注意すべきポイントや金運をアップさせるためのインテリアや間取りについて紹介してきましたが、金運をつかむためにその他にもたくさんの注意することがあります。

 

帝王風水のメルマガでは、より詳しく風水のNGポイントや金運をつかむ方法についてご紹介しているので、金運をアップさせたい経営者の方は、ぜひ無料登録をしてみてください。

 

まとめ

今回の記事では、経営者の方向けに風水で金運が上がる方法を様々な視点から徹底解説してきました。

 

大きなリフォームはすぐには出来なくても、自身の身の回りの環境を少しずつ良くしていくことで、良い気が溜まっていき金運もアップします。

「帝王風水メール講座」では金運アップのポイントだけではなくて、金運が下がるNGのポイントも伝えています。

 

目に見えないことを大事にしている経営者の方はぜひご登録ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事