経営者のための吉墓の風水

Last Updated on 2021年7月7日 by teioufusui

お墓の風水術である『陰宅風水』は、小手先の方法ではありません。そのため、『陰宅風水』を一度も学んだことがなければ、
あなたにとってどれだけ役立つものか想像もつかないでしょう。

そこから来る影響も良くも悪くもかなり強烈です。

 

日本では、おそらく実践している風水師はほとんどいないため、あなたはかなり秘匿性の高い情報で、子供や子孫にまで「ご先祖様の徳」を受け取れるようにすることが可能になります。

 

お墓は、先祖と残された家族が出会う大切な場所です。

荒れたお墓は、あなたの未来に影響を与えます。

先祖は私たちを守ってくれています。

 

気持ちよくお墓参りができるように、正しい手入れをしましょう。

それが、子孫の繁栄にもつながり、未来が開けるきっかけにもなります。

 

例えば、お墓が太陽の沈む方向に建っていると、人生に敗れてしまいます。
他にも高い建物に向かってお墓を建てることも良くないです。他人の巨大なお墓が目の前にある場所にお墓をたてるようなことです。

人生に成功するか失敗するかはお墓の向きに左右されます。

 

お墓の墓石を向ける方向で気を集めることができます。
お墓に陽の気が集まるようにお墓の向きに気を付けましょう。

鑑定ではもちろん最適な方向をご案内します。

 

 

 

 

風水墓には多くの知識が必要です。簡単に建てられるものではありません。だからこそ、風水師の指導の下、正しく建てた風水墓は強力な効果があります。

風水墓を建てるとお墓参りの回数が増えます。
風水墓は整っているため、何年経ってもお墓がきれいです。

風水墓は気の流れがいいところにあり、明るいためお墓に行くのが憂鬱になりません。
何より心が安らぎます。

それは会社墓も同じことです。

高野山には一流企業の「会社墓」が集まっているのをご存知でしょうか?
高野山は気のエネルギーがとても強いところです。

 

よい気をたくさん集めて、会社を発展へ導くためには、会社墓を風水墓で良い気の集まる場所に建てることです。

お墓をみれば社運がわかります。

経営の神様である松下翁は、高野山に会社墓を最初に建てました。

 

墓相と社運の不思議な関係のお話です。

大手製薬会社が突然不渡りを出して倒産しました。宣伝も大々的に行い、とても繁盛していました。

実は、この会社、陰宅風水で有名な方の指導をうけて吉相の会社墓を建てていました。
もちろん、建立後は、事業はより成長していました。

 

ところが、しばらくして、なんとなく宣伝が減り、おかしいと思ってお墓を確認にいったら、全く違う墓にかえられていました。

たとえば、自分の名前で建てた供養塔を取り、片づけていました。それは、自分が生きながら無縁になるということなのです。事業が傾いて当然です。

そして、数年後、数億の負債で倒産しました。余計なことをして悪いことがおきてしまった事例です。

 

 

 

 

中国の皇帝や日本の天皇家はお墓の場所・形にこだわっています。
そこには、成功・繁栄を享受してきた「中国の皇帝」「日本の天皇家」がお墓を建てる時に使う“一般には語られることのない”禁断の風水術が取り入れられているのです。

 

そして、あまり知られていませんが、間違った知識でお墓を建てると子孫の人生を狂わせる可能性もあります。

扱い方を間違うと子孫の人生にまで悪影響を及ぼす恐れもあるため、秘密にされて来たお墓のための風水術ですが、正しく取り入れれば、経営者に圧倒的な成果と名声、さらには幸せをもたらします。

 

 

記事の内容はお客様の承認をいただいて、公開しております。無断転載をご遠慮ください。

 

「帝王風水メール講座」では、経営者の成功事例だけではなくて、運気を下げるNG事例も多数伝えています。

幸運を掴みたい経営者の方はぜひご登録ください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事