一緒に開運旅行に行きませんか?

 

 

こんにちは、王 晶です。

今年で5回目となる

「幸運の女神と出会える開運旅行合宿セミナー 」

を来月に開催することになりました!

 

今回は「夢をかなえる伝説の開運旅行合宿」と題しまして、

文字通り「伝説」となるような最強コラボ合宿となります!

 

今回のパートナーは、

超大物マヤ暦の大ベテラン先生である木田景子先生!

 

『幸福体質への道先案内人!』
マヤ暦ライフアドバイザー 木田景子先生です。

 

口コミで個人コンサルが大人気!

予約が2か月待ちの状態が続く。

現在まで5000人以上の診断実績ある方です。

 

 

そんなスーパーマヤ暦の先生がなぜ今回の合宿セミナーをご一緒することになったのか?

実は木田さんは7月に新しいサロンをオープンするために、

帝王風水の鑑定を受けていただきました。

その機で、とても仲良くしていただいて、

たくさんのクライアントさんたちに

帝王風水のことを紹介してくださっています。

 

そして今回、

今年の最高の日に最高の方位へ

パワースポット千葉のホテルニューオータニで1泊2日間、

「開運」をテーマにどっぷりと楽しんでいただきます!

中国古代から、天時、地利、人和の運勢を最大限に活かす方法は、

奇門遁甲開運旅行です。

私も2か月一回開運旅行の抜群の効果で

たくさんの新しいご縁を頂いています。

基本は、年に数回しかないので、ぜひ大いに活用してください。

次回は10/15です。

東の方位に24時間滞在することによって、

幸運の女神と出会えますので、ぜひご一緒に旅行したいと思います。

そこで今回の二日間の合宿では、

24時間を吉方位で過ごすことで、

徹底した「開運体質」になることを目指します!

他にもあるのですが、

この合宿では、特にこの3つに焦点を絞って、開運体質を高めていきます。

 

そこで、それぞれ解説していきましょう。

1.奇門遁甲開運法
中国昔から、天時(タイミング)、

地利(環境)、

人和(良い人間関係)を

使う三才法という開運の方法があります。

その天、地、人の一番良いバランスを計算して使われるのは、

奇門遁甲という方法です。

その方法によって、

良いタイミングで良い方位へ良い人間関係で

良い運気をアップすることが期待できます。

その良いタイミングは年数回しかありません。

特に今回は今年の最後の大吉の日になるかもしれません。

 

 

2 交貴人
中国の昔からの帝王学の中に、「交貴人」という開運の方法があります。
運が良い人と一緒に時間を過ごすことによって、ご自身の運気がアップする効果があります。

 

3 中国4,000年の歴史の風水と紀元前3,000年から続くマヤ暦融合

私が普段やっている中国本場風水は

中国の易学の思想をベースにしています。

 

今回の特別ゲストの木田先生は

紀元前3,000年から続くマヤ思想をベースにしているマヤ歴です。

今回は合宿セミナーで東洋とマヤの融合のコンテンツを提供します。

 

4 気分転換とリラックス

 

今回は「夢をかなえる伝説のセロトニン合宿」をタイトルとしている通り、「夢をかなえる(願望実現)」も大きなテーマな一つです。

夢をかなえる秘訣は、その「運気」にあります。
今回は木田さんによる「マヤ暦のリズムと鑑定」と、帝王風水による「2018年の開運秘訣」の二本柱で、タイトルの通り「伝説」の旅行をご一緒したいと思っています!

 

最高の秋、そして最高の人生に向けて大いに楽しみましょう!

お待ちしております!!!!

 

【参加費】

 

<参加費に含まれるもの>
15日~16日の宿泊1泊、15日夜の会食、16日の朝食

講義・ワークショップ代

 <参加費に含まれないもの>

  ホテルまでの各自移動費、朝夕食以外の食費・酒代、雑費

 

【スケジュール】

 

日程:2017年10月15日(日)
場所:ホテルニューオータニ

 

【15日(日)】

15:00 会場にチェックイン、ホールにて
17:00 WS終了後、各部屋にチェックイン、入浴、その他
18:30 懇親会!!
21:00 就寝まで自由時間、アクティビティ、語り合い

 

【16日(月)】

7:30 起床、朝食
10:00 各自自由交流

 

【参加方法】

 

満席御礼
・返信メールに記載の口座に参加費の振込
・諸連絡
・当日に集合

 

【定員】
・10名

満席御礼

 

<キャンセル料について>本合宿セミナーはお申込みから一週間以内にご入金をお願いしております。万一のキャンセルにつきましては、7日前までは振込手数料として一律500円を差し引いて全額を返金させて頂きますが、前7日以降前日までのキャンセルの場合は半額を、当日のキャンセルにつきましては、全額をキャンセル料として頂きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事