【専門家解説】風水にまつわる社長室のレイアウト|運気が上がる3つのポイントについて

Last Updated on 2021年9月10日 by teioufusui

社長室のレイアウトで風水対策が出来ることをご存知でしょうか。

 

社長室のレイアウトを変更して、良い運気が流れる環境を整えることで、その会社の業績アップにつながります。

 

今回は、風水にまつわる社長室のレイアウトについて、3つのポイントを中心に紹介していきます。運気を上げたい社長さんや経営者の方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

社長室と風水の関係について

 

社長室の環境を整えることで、良い気が流れるようになり、会社の総合的な運気がアップします。

 

実際に帝王風水の個別コンサルティングを受けて、社長室のレイアウトを変更し、会社の売上がアップしたという実績もあります。

 

置物を置いたり配置を変更したりして、社長室のレイアウトを良い気が流れるように変更することが重要です。社長室のレイアウトを変更することで、会社の業績を挙げることにつながるため、風水対策が必要です。

 

守るべき社長室の3つのレイアウトについて

社長の位置を吉方位に

 

仕事運を上げるためには、社長が「健全に仕事ができる」ことが第一条件です。

 

そのために、社長室の位置が大切で、社長室を吉方位に配置することで、心地よく思考力を活性化できるような場所となります。

 

社長室の位置を「文昌方位(もんしょうほうい)」にすると吉とされています

文昌方位は、玄関の向く方位で決まります。

 

▼吉方位について詳しく知りたい方はこちら

あなたの吉方位を決める本命卦とは――生年月日からみる、自分の持つ方位の吉凶

 

社長室の配置を風水対策に従って、吉方位に変更することで仕事が捗り、会社の総合的な運気アップにつながるでしょう。

 

出会いを呼ぶ風水環境づくり

人と出会える縁を作ることは、社長の仕事運の向上に繋がるものです。多くの人と出逢うことで、次々と仕事の輪が広がり、やがて事業も広がっていきます。

 

人が訪問したくなるような明るい印象の社長室は、人との縁をもたらし仕事運をアップしてくれます。社長室の中にスペースがある場合は、お花や観葉植物を置いて、少しでも運気が上がる環境にしましょう。

 

デスクの置き場所によって運気が替わる

風水対策で置物やレイアウトなど、注意すべきことはいくつもあります。それぞれのアイテムの配置によっても、気の流れなどが変化し、運気が変わってきます。

 

社長室での風水対策において、特に注意したいのは机のレイアウト

次の4つのポイントに気をつけましょう。

 

Point

1. 机はドアの延長線に置かない

2. 椅子に座った時に、ドアが見える位置に机を置く

3. 窓際には置かない

4. 机の頭上に梁がないようにする

 

社長のデスクの背面は壁

運気が上がるレイアウトにするために、社長のデスクの背面は壁になるようにしましょう。

 

デスクの背面にドアや窓がある場合は、気が外に逃げてしまい、運気が下がりやすくなります。したがって、社長のデスクの背面が壁になるようにレイアウトを変更して、会社に幸運を呼び込みましょう。

 

社長室の机や椅子はできるだけ良いものにこだわると、会社の総合的な運気の向上にもつながります。

 

専門家による風水鑑定がおすすめ

風水の大切さを理解して運気を上げたいけど、自分に合った方法がわからないという経営者の方には、専門家が直接行う経営者向けの帝王風水の個別コンサルティングがおすすめです。

 

帝王風水の個別コンサルティングを受けると、現在の環境の強みと弱みをわかり、お持ちの建物や環境に効果的な気の流れの使い方・考え方を知れるので、幸運や運気を徹底的に意識して経営できるようになります。

 

実際にコンサルを受けて、2.5倍も売上が上がったという事例もあるので、ぜひご興味のある方はお申し込みください。運気をアップさせて、ご自身の会社の売上を上げていきたい経営者の方や社長さんは、ぜひコンサルをご利用してみてください。

 

 

まとめ

今回は、風水にまつわる社長室のレイアウトについて、3つのポイントを中心に解説していきました。

 

運気アップする社長室のレイアウトの3つのポイント

1)社長室の位置を社長の吉方位に
2)出会いを呼ぶ風水環境づくり
3)社長のデスクの位置

 

ぜひ今回の記事で紹介した内容をご自身の社長室に当てはめて実践してみてください。

 

一人で実践してみるのは難しいという方は、経営をダメにする風水のNGポイントなどをまとめている帝王風水のメルマガや1人1人に合ったアドバイスを行い売上アップの実績がある帝王風水の個別コンサルティングを利用してみてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事