気の流れ龍運ーー三元九運

Last Updated on 2021年5月12日 by teioufusui

三元九運(さんげんきゅうん)と称せられる、気の流れ龍運(りゅううん)が、どの様に我々の生活に影響を及ぼすのかということについて今回は解説させて頂ます。

 

この事は、具体的な史実と照らし合わせながらが理解しやすいかと思います。

第一運 1864年~1883年(上元;甲子~癸未の20年)一白運 出発受難

第二運 1884年~1903年(上元;甲申~癸卯の20年)二黒運 基礎土台

第三運 1904年~1923年(上元;甲辰~癸亥の20年)三碧運 躍動発展

第四運 1924年~1943年(中元;甲子~癸未の20年)四緑運 調和交流

第五運 1944年~1963年(中元;甲子~癸未の20年)五黄運 試練災難

第六運 1964年~1983年(中元;甲子~癸未の20年)六白運 興隆盛大

第七運 1984年~2003年(下元;甲子~癸未の20年)七赤運 腐敗堕落

第八運 2004年~2023年(下元;甲子~癸未の20年)八白運 革命刷新

第九運 2024年~2043年(下元;甲子~癸未の20年)九紫運 頂点結果

更に各運毎に活発化する龍脈が変化します。

 

 

これは、山頂から発した気が尾根を伝わって降りてくる方向によって強弱が決定致します。

第一運は、北から南に降りる龍脈が活発化します。

第二運は、南西から北東に降りる龍脈が活発化します。

第三運は、東から西に降りる龍脈が活発化します。

第四運は、南東から北西に降りる龍脈が活発化します。

第五運の前半10年は、南東から北西に降りる龍脈が活発化します。

第五運の後半10年は、北西から南東に降りる龍脈が活発化します。

第六運は、北西から南東に降りる龍脈が活発化します。

第七運は、西から東に降りる龍脈が活発化します。

第八運は、北東から南西に降りる龍脈が活発化します。

第九運は、南から北に降りる龍脈が活発化します。

 

 

今2016年は、第八運期間のため、北東から南西に降りてくる龍脈が活発化しているため、北東に高い山、山脈、山地があり、尾根が降りてくる都市・地域が発展します。

 

 

2004年から第八運に入っていますので、2004年以後に発展してきた、都市や企業は、上記の条件を満たしている可能性が高いといえます。

特に企業に関しては、本社ビルが有る地域の環境が重要になります。

 

大変好調といえる、豊田を持つ豊田市、ユニクロの山口市、鈴木自動車の浜松市、ヤマダ電機の高崎市、ジャパネットたかたの佐世保市等の地形を見ると見事といえます。

 

 

それでは、具体的に2017年を迎えようとする今、第八運において、

どの様な土地、建物が良いのかを詳しく解説していきたいと思います。

その判断で重要なことは、土地の向きと建物の向きになります。

土地は、より広い活発な道路がある方角、建物は、建物の顔といえる方角です。

 

デザイン的に正面といえる方角ですが、ハッキリしない場合は、窓の面積が広い方角になります。

 

マンション等は、エントランスよりもベランダ側になります。

商業ビルは、より陽射しを確保出来る側になります。

市販されている方位磁石等で正確に度数を計っておいて頂ければと思います。

磁石で針が指す方角が、磁北(じほく)と称し、0度になります。

 

 

今回、開運の事例を紹介しました。実は経営をダメにする風水のNGポイントもあります。
帝王風水メール講座ではそれらを伝えています。 ぜひぜひご登録ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事