【社長必見】風水で事務所を整えて仕事運をアップしよう

Last Updated on 2021年10月28日 by teioufusui

「業績が悪い」「商談が決まらない」「社員との関係がうまくいっていない」など、社長の悩みは尽きません。会社のトップに立っていると、なかなか相談する相手が見つからず、ひとり悩んでしまうこともあるでしょう。そんな方におすすめなのが、身の回りや社内の環境を整えることで気を循環させる「風水」です。本記事では、風水の知識や運気を上げるための事務所や社長室のレイアウト、簡単に取り入れられる風水対策を紹介します。

 

風水的に悪い事務所の土地とは

南西を示す風水コンパス

 

次に、風水的に悪い事務所の土地を紹介します。経営に悩んでいる場合、ここで紹介する土地に事務所が当てはまらないかチェックしてみましょう。

 

丁字路に面して事務所が直射している

丁字路から道路が真っ直ぐに直射している場所に建物の入り口がある場合は、注意が必要です。風水で槍殺と呼ばれるこの環境は、落ち着きがなくなり、物事に対して焦ってしまい、失敗が多くなってしまいます。怪我や病気をしたり、破財に見舞われる可能性もあります。

 

弓形に湾曲した外側に事務所が面している

道路が弓のように湾曲し、その外側に建物が建っている場合も注意が必要です。風水では、反弓路と呼ばれている立地で、孤独や難病、淫乱、失火、傷害などに陥って苦悩する可能性があります。道路に電柱や樹木が立っている場合は、大凶相になり、より気をつけなくてはいけません。

 

低い建物の中に1棟だけ高いビルがある

住宅地などに1棟だけ高いビルがあり、そこへ事務所を構える場合も風水的には悪いとされています。高い建物の住人は、協力者に恵まれず、人間関係で孤立しやすくなります。周囲と協力することが困難なため、全て自力でやり遂げなければなりません。よって、大きな利益を得ることが難しいとされます。

 

事務所と向かいの建物の玄関が向き合っている

向かいの建物の玄関が事務所と向き合っている状態の門冲殺。何かと反発しあい、心理的トラブルや暴力などの対立を生み出す可能性があります。

 

事務所から見て隣の建物の角が突き出すように見える

自分の置かれている環境から見て、隣接する建物の角が突き出すように見える状態も注意が必要です。精神的に圧迫を受け、いつも何かに脅かされるような不安感に陥ります。事務所のドアや窓に向かって突き出していると、より対人関係に難が生じます。

 

仰角30度を超える建物が事務所付近にある

物を見上げたときの視線の方向と水平面とのなす角、仰角が30度を超える建物が事務所付近にある場合、風水では逼凶と呼びます。頭を押さえつけられた状態になり、仕事や生活環境の発展を阻害されてしまいます。

 

隣接する事務所から陰気が放たれる

隣接または、近隣の建物に倒産した会社や不幸があった場合、負のエネルギーと言われる陰気が帯びています。その近辺に事務所を構えると、悪い影響を受けがちです。

 

そんな時は、木を植えたり、道路を作ったりするなど風水に基づいた環境整備をすることで悪い気をカバーできます。

 

風水でアップする事務所の置物 

観葉植物のある事務所

 

すでに事務所を構えてしまって、風水を取り入れた配置や環境を用意するのが難しい場合もあるでしょう。そんな時は観葉植物や電話などの置物に風水を取り入れるだけで、運気上昇が期待できます。ここでは、簡単に取り入れられる置物の種類や方角について紹介します。

 

玄関に観葉植物やパーテーションを配置する

運気の出入り口である玄関には、方位だけでなく注意したいレイアウトがあります。たとえば、玄関からはよい運気も悪い運気も入ってきてしまいます。

 

それを防ぐためにも、玄関に続く部屋の入口には観葉植物やパーテーションを設置するとベストです。こうすることによって、悪い運気がオフィスに行き渡るのを防ぎます。

 

「生気」を象徴する観葉植物は手軽に入手でき、風水アイテムとして人気です。パソコンや書類などで埋め尽くされてしまう事務所には、生気が足りず運気もとどこおってしまいます。

 

そこへ観葉植物を置くと、運気のバランスが改善されて仕事運アップにもつながります。また、観葉植物には人間の記憶力や集中力を高める作用があると報告されています。運気アップだけでなく、仕事に集中できる可能性もあるので一石二鳥です。

 

ただし、造花やフェイクグリーンは手入れを忘れホコリをためこんでしまいがちなので、運気が悪くなる可能性も。もし、観葉植物の手入れに自信がない場合は、パーテーションでも十分効果的です。

 

電話を東南に配置する

さまざまな人と話ができる電話は、風水においてチャンスや人間関係といった運気をもたらしてくれます。また、東南も円滑な人間関係を築ける方位です。東南に電話を置けばよい話やチャンスがやって来ると考えられ、ビジネスチャンスにつながりやすいとされているのです。

 

金運が高い北や西に電話を設置していることもあるかもしれませんが、北は陰の気が強いため、争い事や隠し事が起きやすくなります。また、西は静かにしていたほうがよい方角とされており、音が鳴ったり話したりする電話を置くのにはあまり不向きです。

 

鏡を飾る

鏡には、気の流れを変える効果があり、悪い運気を寄せ付けません。たとえば、職場の人間関係で悩んでいるときは、机に鏡を置くと苦手な相手が出している攻撃的な気をはね退け、影響を軽減してくれます。

 

もし、鏡を置くのが難しい場合は、鏡とほぼ同じ効果を持つガラス製の小物やクリスタルなどを置くと代用できます。ちなみに、苦手な相手の方角に合わせて鏡を向けるのがポイントです。

 

風水を活かすと事務所や社長の運気がアップする

風水 方位

 

風水を日常的に取り入れると、運気がアップすると言われています。まずは、風水とは何なのか、事務所・社長と風水の関係性はなぜ重要なのかを解説します。

 

そもそも風水とは「古代中国で発祥した環境哲学のこと」

5,000年以上前の中国で発祥した環境哲学のことを風水と言います。環境哲学とは、衣食住や行動など自分に関わることを論じながら環境問題を解決していくこと。

 

中国でもっとも古い史書といわれている『尚書』の中に、地形や地勢を視察した地理学やト宅などが記載されており、時を経て風水と呼ばれるようになりました。

 

中国では戦の戦略法や王都の設営、王城の設計などに用いられ、中国の歴史上栄えた都の多くは、風水によってつくられたとも言われています。

 

本格的に日本へ伝来したのは推古天皇の時代で、風水に興味を持った聖徳太子が知識を用いて、法隆寺を建立したとされています。

 

風水の基礎知識

風水では、運は生まれ持ったものではなく、後天的に得るものだと考えられています。また、風水と占いは同じだと考える方もいますが、運を得るために行動するかどうかが風水の考えなので占いとは異なります。

 

また風水には多数の流派があり、中国だけでも何百種類も存在します。何百種類も存在しますが、全ての風水で共通していえる大切なのことは方位です。

 

世の方位を北、北西、北東、東、南東、南、南西、西と分け、4つが吉方位、残り4つが凶方位としています。方位にはそれぞれ異なる意味があり、それに伴った運気を呼び込むとされているため、常に注意しておかなければなりません。

 

ちなみに、すべての方の吉方位が同じというわけではなく、生年月日によって吉方位が変わります。風水に詳しくなくても早見表を利用すれば、簡単に自分の吉方位や凶方位を調べられます。

 

事務所・社長と風水の関係性

衣食住や行動などの環境問題を解決する風水と仕事は強く関係しています。元々風水は、中国の皇帝や日本の天皇が国を統治するために使用していたので、仕事運を向上させるのに最適。

 

風水は目に見えないエネルギーをコントロールするため、よい出会いや初対面の好印象、有益な人間関係などに優れています。ですから、風水で気を整えれば社会運をアップすることも可能であり、事務所・社長と風水の関係は重要と言えます。

 

【社長必見】風水でみた事務所のレイアウト

風水 事務所

 

風水では、吉方位が大きく関係します。しかし、上記でも解説したように、吉方位は人によって異なります。そこで、重視したいのが立地条件や事務所のレイアウトです。ここでは、社長必見の風水でみた事務所のレイアウトを紹介します。

 

オフィスの運気が上がる立地条件

風水でみた運気の上がるオフィスの立地条件は、正方形に近い土地や建物を選ぶことです。反対に、凸凹の土地や台形の土地はおすすめしません。

 

また、建物も土地と同様、四角形以外の形は避けるのがベストです。三角形の建物は四角形に比べると角が鋭角なため、角をまわりに向けるということになり、世間に対して波が立ちます。

 

風水では、建物の角から邪気が出ていると考えられており、事務所に向かって角のある建物もよくありません。物件選びのときには、この点にも注意して選んでみましょう。

 

社長室の位置

社長の持っている能力がより生かされやすい風水の方位があります。その方位とは「北西60°内」です。社長室をこの方位に置くと、多彩な経営能力を発揮できると言われています。

 

活動力・指導力・統率力・繁栄・財・資金繰り・成功・勝負運といった気力が、仕事面や対人面によい影響をもたらしてくれるでしょう。

 

また、事務所の北西方位にある壁を背にして東、東南、南の陽気方位に社長のデスクを配置します。社長室の接客ソファーでも、社長の座を北西方位に構えます。

 

この配置と謙虚な姿勢で対応すれば、取引先や接客での交渉も主導権を握った契約やスムーズな交渉がしやすくなるはずです。

 

職業別におすすめの位置

事業の種類に合わせて、最適な風水の方位があります。「営業職」は東南方位60°に配置するとよいでしょう。活動に力が入り、社の業績アップや生産性のアップ、また取引先からの信用度も増す傾向があります。

 

「企画・開発」は東の光が入る東方位30°に配置すると、驚くようなアイディアや発想が生まれやすく、新規事業や新商品の生産性アップが期待できます。変化や激しさを生かしたいのなら、北東でもよいでしょう。

 

「経理人材か経理部門」は、会社の資金繰りや現金融通など会社のお金に関わる部署なので社長室の次に重要です。北西に配置するとその役割が生かされやすいとされています。

 

「書庫」などの整理整頓が必要な場所は、北東に配置して綺麗に使用するのがおすすめです。「社員の休憩室」は南西に配置するようにしましょう。

 

風水を活かした社長室と事務所の環境

 

社長室や事務所の環境に風水を取り入れることによって、よい運気が集まりやすくなります。玄関や社長室などを改善し、社運アップを狙いましょう。次に、風水でよいとされる社長室と事務所の環境を紹介します。

 

目的に合った壁紙にする

事務所全体の仕事運をアップさせる色は、青です。青には気持ちをクールダウンさせる効果があるため、客観的に自分を見ながら仕事に打ち込めます。

 

また、緑も仕事運を高める効果があります。自然界に多い色でリラックスできる緑は、疲労回復やストレスを解消したい場合にもぴったりです。

 

柔軟な発想力や企画力を望む場合は、効率アップが期待できるクリーム色がおすすめ。ほかにも、社員との信頼関係を築いて成功したいなら、オレンジやゴールドなどの明るい色を壁紙にすると人間関係の改善や実行力のアップなどが見込めます。

 

もし、事務所の壁紙を変えられない場合は、文房具、備品などにこれらの色を取り入れるだけでも効果を感じられます。

 

社長デスクのうしろは壁にする

会社のトップに立つ社長には、今後をしっかり守ってくれる後ろ盾が必要です。風水では、壁を背にしてデスクを置き、支えが常にあるように配置するのがよいとされています。

 

もし、背中側に窓があるなら集中できなかったり、仕事上の確固たるサポートを失ったりする可能性もあります。どうしても窓が背中にくるようなら、壁側に移動する、ブラインドを下ろすなどの対応をしましょう。

 

また、社長室のように区切られた空間は、入口に顔が向くようにするのがベスト。ドアが背にあると裏切りや詐欺などを招いてしまう恐れがありますので、入口に背中を向けるレイアウトは避けてください。

 

社長デスクのうしろに神棚を置く

会社によっては、神棚を置いている場合もあるでしょう。その神棚を社長デスクのうしろに配置するとより開運効果が得られます。神棚のお世話を家の主がすることで、より運気をあげられます。神棚の榊の水、塩、米、水は必ず毎日変え、常に運を循環させるようにしましょう。

 

また、社長室のデスクの後ろに山やヨットなどの写真や絵を置くと富を運んでくれるとされています。風水において水は幸運の象徴と言われ、成功へと導いてくれるはずです。その絵から発せられるエネルギーを神棚が受けて、社長室をより強固なパワースポットにしてくれます。

 

社長デスクの近くにトイレはNG

社長のデスクは、水を扱う場所から離さなくてはいけません。なぜなら、水は凶を流してくれますが、吉も流してしまうからです。ですので、社長のデスクとトイレを近くに配置するのは、避けるようにしましょう。

 

また、トイレが汚れていると、悪い運気が溜まってしまいます。悪い運気を減少させるには、しっかりと掃除して気が入れ替わるように配慮することが重要です。トイレは毎日掃除をして汚れを落とし、臭いがこもらないように消臭剤などを使用しましょう。同じく給湯室も清潔を保つよう掃除し、使用したカップなどの食器も使ったら必ず片付けることが大切です。

 

梁の下に社長デスクを置かない

天井にある梁は、発展の気を押さえつけてしまいます。もし、梁が頭上にあるのなら、梁が頭の上にかからないようデスクを動かしてください。悪いエネルギーが降りてきて、仕事の効率を一気に下げてしまうことを避けてくれます。

 

パソコンの壁紙をかえる

パソコンの壁紙も風水に大きく関係しています。毎日同じデスクトップの壁紙を使い続けていると、運気が停滞してしまいます。

 

パソコンの壁紙を積極的に変更すると運気が循環するので、こまめに変更しましょう。壁紙は、草花や樹木など、自然界にあって生気を与えてくれるデザインが風水的にはおすすめです。

 

また、パソコン本体に、付箋やメモなどを貼り付けるのも控えたほうがよいでしょう。情報がせき止められてしまい、運気の流れも悪くなってしまいます。できるだけパソコン周りは整理整頓を心掛け、スッキリさせてください。

 

メルマガ登録で風水について詳しくなれる

これまで紹介してきた風水は、誰でも簡単に試せるものばかりです。しかしながら、上記の風水を実践していたり、すでに事務所を構えてしまっていたりといった方もいるでしょう。

 

そこでおすすめなのが、風水のアドバイスをもらうことです。アドバイスをもらうことにより、さまざまな可能性を見出せ、運気のアップができます。

 

中国の古代帝王が使ってきた天運・地運・人運全てを活かしてきた知恵「帝王風水」は、風水の中でも社運アップに最適です。メルマガに登録するだけで、優秀な社員もお金も集まる開運ポイントを受けられます。

 

気軽にアドバイスを受けれるため、社運をアップしたいと考えている社長におすすめです。

 

まとめ

今回は、運気を上げるための社長室・事務所のレイアウトや風水対策について紹介しました。社長室や事務所のレイアウトを変えるだけで、会社の運気は上がっていくはずです。

 

また、社員との人間関係もよくなり、モチベーションも上がっていくというよいサイクルも期待できます。 

 

ぜひこの記事で紹介したレイアウトや風水対策を試してみてください。さらにアドバイスがほしいという社長は、メルマガ登録も検討してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事