健康運が上がる開運風水

こんにちは。

今日は健康運が上がる開運風水を紹介いたします。

ぜひ、ご自身のお家に当てはめてみてくださいね。

 

健康運アップ開運風水の間取り 

開運風水の間取りのポイント1は、水回りの配置にあります。
 

 健康運のカギを握るのは、「水回り」の配置です。

 


「水回り」の浴室、トイレ、キッチンは、寝室から離れたところに配置しましょう。

なぜならば、水回りは悪い気を持ち易く、湿気が多く、汚れやすい場所であるからです。

人は寝るときに、気を吸収しやすいので、寝室の近くにキッチン、トイレ、浴室などがあると、水回りの場所から湿気や汚れの気をたくさん吸収してしまいます。

 

もちろん、水回りの掃除はとても大事です。

 

また、寝室から距離が離れているからと油断して掃除を怠っていたのでは、健康運アップどころか、すべての運気を下げる可能性があります。

ぜひ気を付けましょう。

 

健康運は「東」からやってくるので、本命卦が「東四命」の人は、玄関を東向きにすると良いでしょう。

本命卦の計算方法はこちらをご参考ください

活気的な気を取り込むことで、家族の健康運アップにつながります。

東向きの玄関の場合は、水回りの配置を、北に持っていくと、凶方位の気は排水口から外へ流れていくため、健康運アップになります。

 

 開運風水の間取りのポイント2は、「張り」、「欠け」がないことです。

建物や部屋に「張り」「欠け」がないことは、とても大事なことです。

建物に大きな「張り」「欠け」がある場合、本人の健康運が下がるだけではなく、家族全員の運気に悪い影響をもたらします。

 

特に、大きな「欠け」の場合は、家族全員の運気に大きなダメージを与えるので、気を付けてくださいね。

 

一つの良い事例を見てみましょう。

本命卦が「東四命」の鈴木さんの風水住宅はこのように配置されています。

まず、吉方位にある「東」に玄関を配置。生命力があふれている気を取り込んでいます。

一階、二階も欠けがなく、まさに理想的な間取りです。

 

家族が集まるリビングは、家の吉の方位にある「東」、「南東」に配置されています。

リビングの窓も、「東」、「南東」の二方位にあって、風通しもよく、良い気がスムーズに部屋を
通り、家族全員に良い健康運を与えています。

 

一階、二階ともに、トイレは寝室から離れている場所に配置してあり、風水的に良い間取りと言えます。

 

とくに、東玄関向きの部屋の「凶」方位にトイレを配置されていることにより、悪い気を外にスムーズに出しています。

 

また、食事を作るキッチンもとても大事な場所です。
 

「火」と「水」を一緒に使うキッチンは対面式のカウンターで区切ると吉です。

対面式のカウンターは、キッチンから来る悪い気がダイニングに流されなくて、外に出すことができるため、良い風水配置といえます。

 

  健康運アップ開運風水のリフォーム

あなたの家が今、理想的な間取りの吉相の家でなかったとしても、諦めることはありません。

開運風水――健康運アップができるリフォーム術をご紹介いたします。

 

 まず、奥様の吉方位はとても大事なポイントになります。

家の運気は、玄関とリビングの方位で大きく左右されています。

その運気を握る鍵は、家長の吉方位なら、家族の健康運は寝室とダイニングの方位で大きく左右されます。
(家長の吉方位の計算方法はこちらをご参考ください)

 

その健康運を握る鍵は奥さんの吉方位です。

 

なぜならば、家族の健康を支える奥様が、安心して熟睡し、日々の健康な生活を送ることができなければ、夫や子供の健康も、とりわけ、次世代を担う子孫も望めないためです。

 

また、家族が食事によって元気を養うダイニングは、奥さんの居心地のよさが優先されるためです。

園部さんの事例を見てみましょう。

 

リフォームの前に、奥様の本命卦が「艮」であり、寝室が奥様の本命卦の凶方位となる東の位置にあります。

リフォームでどちらかの吉方位に配置するのがベストです。

そして、リフォームで寝室の位置を奥様の本命卦の吉方位である北西に変えました。

 

枕の位置も同じ方位に合わせて、凶相を吉相へと転換しました。

リフォーム直後、長年奥様を悩ませた不眠症は嘘のように治りました。

 

毎晩、ぐっすり翌朝まで眠れるようになりました。

睡眠の質が改善したため、顔や体の全体の血流がとても良くなり、もともと品が良く美人の奥様だったのですが、ますます綺麗になりました。

 

開運風水のリフォームのポイント2は、キッチンやダイニングの配置です。

 

まず、キッチンとダイニングの位置は寝室と同じように、奥様の吉方位に配置しましょう。

 

また、家族が集まる食卓は、三角形のようなとがった角のあるテーブルは避けて、角の丸いもののほうが、家族の健康をバックアップしてくれます。

 

そして、水回りとされるキッチンは、開運風水では、凶をもたらす場所です。

ダイニングから「火」の要素と「水」の要素を持っているコンロや洗い場が見えてしまいます。

食事をする場に悪い気が流れてしまうと、あまりよくありません。

 

リフォームでは、ダイニングとキッチンをきちんと分けたほうが良いでしょう。

 

あるいは、対面式キッチンを作るのも吉相です。

 

対面式キッチンは、水回りの凶相を隠しながら、家族の顔を見て、料理ができるというとても素晴らしいものです。

 

 健康運アップ開運風水のインテリア

良い気を取り入れるため、リフォームの次は、さらに運気アップする開運風水インテリアの大事なポイントをお伝えします。

部屋の家具のレイアウトや、カーテンやカーペットの選択、小物アイテムの選択など、ちゃんとポイントを押さえて、運気をどんどんアップしましょうね。

 

開運風水のインテリアのポイント1は、キッチンの「気」の調和です。

 

キッチンには、「火」の要素と「水」の要素を持っているコンロや洗い場があります。

陰陽五行の観点から見ると、「火」の要素と「水」の要素は、お互いを壊してしまう相克の関係です。

その相克の関係を「凶」から「吉」に転換させる要素は「木」です。

 

「木」の要素の持っているアイテムをたくさん、キッチンに取り込むと良い気の流れになります。

例えば食器棚は、金属製より木製のほうが、まな板は、プラスチック製より、木製のほうが良い気を働かせることができます。

あとは、キッチンは汚れやすい場所なので、常に清潔に保つことが大事なポイントです。

キッチンの壁は、汚れが目立つ白やクリーム色など、清潔感溢れるものが良いです。

料理の際に、生ごみが出たり、使った食器が貯まりがちになることもあるでしょう。

 

そのまま放っておくと、悪い気が溜まり、運気に悪い影響を与えます。

 

普段からこまめに、掃除や整理整頓をして、常に綺麗に保ちましょう。

キッチンの生ごみ用のごみ箱は、蓋つきの小さめのものを使うのがベストです。

小さいごみ箱は、こまめに、ごみを捨てることになるので、悪い気を溜めないからです。

 

 開運風水のインテリアのポイント2は、安眠できる寝室作りです。

 

健康運のカギを握るもう一つのポイントは質の良い睡眠です。

寝ている間に、昼間の失った気を補い、パワーを回復させるのは、安眠です。
安眠ができる寝室作りは、健康運アップとなります。

良い気を吸収するためには、「凶」作用がなく、部屋をすっきりさせ、悪い気を集めないことです。
幾つかの大事なポイントがあります。

まず、奥様の凶の方位にベッドを置かないことです。

 

奥様の本命卦の「凶」の方位ではなく、できるだけ「吉」の方位にベッドを置きましょう。

 

本命卦が示す方位として「天医」は健康、長寿の方位です。 「延年」は、充実を感じる方位です。 奥様のその方位に頭が向くよう枕を置くと良いでしょう。

枕カバーやシーツは、奥様の本命卦のラッキーカラーにすると、さらに健康運アップになります。
階段の下や天井の梁の下、またドアの延長線にベッドを置くと、圧迫感を感じやすく、安眠ができ、「凶相」になります。

そして、ベッドの隣に、倒れやすい家具を置くのは避けましょう。

頭上や足元にものを置かないことが大事です。
万が一、地震が起きた時に、家具がベッドに倒れると、凶相だけではなくて、実際に被害を受けてしまいます。
 

さらに、収納付きベッドがお奨めです。

ベッドの下は、掃除が行き届きにくい場所です。
放置すると、汚れと一緒に悪い気が溜まりやすくなります。

収納付きベッドだと、掃除の手間も省け、収納スースも確保できるので、お奨めの開運風水インテリアです。

健康運アップ開運風水のグッズ

毎日、快適に過ごすために、相性の良いグッズは欠かせません。
健康運アップの風水グッズを紹介いたします。

青いグルマニウムは体調を整える

ゲルマニウムは身体が持つ電流のバランスを整えてくれますが、健康運アップ開運風水のグッズは、青いグルマニウムです。

おしゃれ感覚で、腕につけても、首にかけても、健康に役立ちます。

 

魔除けの八卦

八卦はもともと、風水の魔除けの代表的なアイテムです。

壁に掛けたり、携帯に付けたり、財布に入れたりすることで、健康運をアップしてくれます。

魔除けやお守りにぜひ使ってみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事