日本一番風水が良い場所はどこですか?

一番風水が良い場所はどこですか

今日のテーマは

「日本で、一番風水が良い場所はどこですか?」

 

良くクライアントさんに

聞かれる質問の一つです。

どんな答えを想像しますか?

 

・沖縄

・北海道

・奈良

・京都

等々

 

書き出すとキリがありませんね。

 

上記に書いた答えは、

全部風水的に良い場所です。

 

日本はもともと風水がとっても

良い国ですね。

 

実は、、、

日本では、一番風水が良いのは、

ズバリ「東京」です!

 

 

実は、

東京は風水の

「龍、穴、砂、水」4大原則

と四神相応の地理条件を

見事に満たしていた

日本の唯一の町です。

 

1603年、徳川家康が江戸に

幕府を開きました。

 

江戸城は、

北に山があり

西に山や台地があり

南に大きな川があり、

東京湾が海に面して、

風水的な視点からすると

とても素晴らしい四神相応な地です。

 

 

徳川家康の顧問天海僧正は、

江戸を風水都市として

完成させました。

 

風水では、

理想の地形を

「龍」「穴」「砂」「水」という

考え方を使って、

探し出します。

 

 

「龍」は、山から気が山脈を伝わって

降りてくると考えられていました。

 

「穴」は、

龍の棲む穴のことを言い、

龍が住む場所が即ち、

気のたまる場所と考え、

このような場所に住めば、

天地の気を十分に受けることができます。

 

 

「砂」は、

穴の周辺にある丘や小高い山のことで、

龍穴を守る凸地のことを指します。

 

 

「水」は川や海などで、

どんな優れた地形でも、

水がなければ

集められた気の力を活かすことが

できないのです。

 

 

中央に龍穴があり、

北には龍が下りてくる山、

西には北よりも低い凸地、

東は西よりもさらに低い凸地で、

南に海や湖などが

あり開けていることが、

風水上の理想と言われています。

 

 

東京(江戸)は、

まさに、見事にこの条件を満たしていた

理想の土地です。

 

まさに、

東の龍「青龍」を初めとする

西の「白虎」、

北の「玄武」、

南の「朱雀」という

四方の守りの神である神獣にたとえて

「四神相応」の土地と呼んでいます。

 

 

ちなみに、

中国の昔の都の長安などは、

四神相応にしたがって

作られました。

 

 

とっても風水に優遇された江戸は、

昔300年の繁盛をもたらしました。

 

現代の東京は、

人口1000万人以上の

活気があふれている国際大都会です。

 

 

そして、

東京は2回でオリンピックの開催都市として

選ばれたのは、けっして偶然ではありません。

 

もともと、

とってもエネルギーを持っている土地だからこそ、

オリンピックみたいな盛会を開き、

世界各地から

さまざまな優秀な人たちを

引寄せることができます。

 

 

周りに、

「四神相応」に満たしていた土地がありませんか?

ぜひ探してみてくださいね。

 

今ならプレゼント付き!お金も優秀な人材も集まるメールレッスン!

ついてる社長さんがみんな実践している!!
 
簡単な習慣だけで始められる!
日本唯一の本場風水経営メールレッスンに申し込みましょう!
 
登録もレッスンも無料です!
さらに、今なら「日本唯一の本場風水経営実例集」をプレゼント!
 
メールレッスンの登録はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事