サンプルページ

『誤解された風水』

 日本では、10年前に一人の人物によって、誰もが「風水」という言葉を知る様になりました。風水師ですと自己紹介すると、「あ~!」という反応が返ってくる様になり、そして次に「西に黄色で金運UPね!」と言われるようになりました。残念ながら、日本で市民権を得た「風水」は、本来の風水とは全く別物で、「占いの一種」であり「縁起物、宗教、胡散臭い」ものでした。

しかし、本来の風水は占いの一種でもなく、風水グッズたる縁起物を扱う物販業者ではないのです。私は、本来の風水を用いて、今までビル建築、ビル経営、不動産業務、一般住居建築、リフォーム等の現場でコンサルタントをさせて頂いています。

帝王風水とは』

・風水と日本は古い関係

中国発祥ではありますが、実は日本とも古代より深い関係があります。奈良県明日香村で発見された、高松塚古墳やキトラ古墳は、考古学的にも「風水」を取り入れて作られていることが確認されています。また、現在の京都、平安京遷都にあたって、桓武天皇は、風水学的に最高の吉相といわれる土地を選び、さらに中国の古典に詳しい高僧や陰陽師を集め、風水のあらゆる知識を総動員して都造りをしたといわれています。本家本物の中国では、この頃既に風水を活かした都・建物・墓作りが行われいました。

・風水と気

風水の根本思想は、中国伝統医学と同じ「易学の陰陽思想」であり、目に見えないエネルギー、「気」を扱った学問です。鍼灸や気功等は全て人体に流れる「気」を調整し体調を整えようとします。同じ様に風水は、大地に流れる「気」を計り良い地を探し、気の流れを調整して、より良い「気」を都、家、お墓に保管しようと考えられてきました。

「気」は英語でEnergy with heart、「心を持ったエネルギー」と捉えられているように、人間の感情にも大変敏感です。少し懐かしい映画スターウォーズでは、「フォース」と呼ばれ感情でエネルギーをコントロールするシーンが出てきます。気は、目に見ることは出来ませんが、気があること前提とした東洋医学や経験がその存在を証明してくれています。

・「気は風によって運ばれ水に溜まる」依って風水

大地の気は、集まると土地が隆起し山を形成し、その山頂から気が発し風の流れと共に尾根伝いに降りてきて、水に当たると溜まる性質があります。そこで、風の流れと水の流れが重要であると考えられています。正に風と水を操る術であり、「風水」の語源でもあります。

・気を操った都市計画「割れ窓理論」

犯罪の坩堝と言われたニューヨーク市が、5年間で犯罪の認知件数は殺人が67.5%、強盗が54.2%、婦女暴行が27.4%減少し、治安が回復し、中心街も活気を取り戻し、住民や観光客を戻らせた、割れ窓理論(われまどりろん、英: Broken Windows Theory)は、軽微な犯罪も徹底的に取り締まることで凶悪犯罪を含めた犯罪を抑止できるとする環境犯罪学上の理論で、アメリカの犯罪学者ジョージ・ケリング(英語版)が考案しました。「建物の窓が壊れているのを放置すると、誰も注意を払っていないという象徴になり、やがて他の窓もまもなく全て壊される」との考え方です。これは、気の働きと同じで、気が気を呼ぶということです。少しの気の乱れを放置すると、更に悪い気を呼び込み増大します。逆に少しでも気を整えると、良い気を呼び込み増大します。この様に名称が違えでも気を扱った理論は多く確認することが出来ます。

・環境を科学する風水

この様に、易学の陰陽思想、気を前提としながら、人間にとって最適な環境とは何か、経験上、良いと感じるもの、雰囲気の良い空間、気持ちの良い場所、気が合うもの等を3000年以上にわたって、観察し、法則性を導き出し、体系化し、検証してきたのが風水です。正に環境を科学してきたといえます。その為、風水コンサルタントにおける改善方法等のアドバイスは、極めて常識的なものであったり、コロンブスの卵的なものが多くあります。勿論、お祓いや御祈祷、開運グッズや、開運のツボを買う必要もありません。

 

『現在の風水事情』

・香港風水戦争

香港では、毛沢東の文化大革命から逃げ延びた風水師が活躍しています。そのため風水によって建てられた建物が多くあります。特に有名なのが【香港上海銀行】と【中国銀行】です。1985年に【香港上海銀行ビル】が完成。このビルに見下ろされる状態になった【中国銀行】は、新たに【中国銀行タワー】を1990年に完成させました。

この【中国銀行タワー】は鋭角で作成され、その三角形は【香港上海銀行ビル】に向けられており、攻撃的な気を発しているといわれています。風水建築を使った争いも起こるほど、生活に根差しています。

・日本でも風水建築が増加

10年前の占いの一種としての「風水ブーム」が去り、本格的に風水を活用される方が増えてきています。最初は、一般住居を建てる為に活用される方が多くありましたが、ビル建築に活用される法人も多くなりました。私でも、ホテル・マンション・工場・自社店舗ビル・病院・老人ホーム等、様々な建物をコンサルタントさせて頂いています。建築士とのコラボも大変多くなってきています。

 

『不動産における帝王風水の活用と効果』

具体的な風水の活用と効果について、様々なケースに合わせて説明させて頂きます。

・これから土地を選ぶケース

風水は、良い土地、悪い土地の判断を長年にわたって検証しているため、多くのデータがあります。そこで、簡単な良い土地の判断基準がります。それは、区画の形を見る方法です。土地の形は所有権における境界線で決まるわけではありません。道路に囲まれている区画の形をみます。良く整備された住宅地等は、区画が整理がされていて、殆どが長方形ないしは四角形になっています。逆に複雑な地域であればあるほど、区画の形が三角形になってしまうか、多角形で複雑な形になります。当然、四角形の地域は交差点等での見通しも良く、安全な交差点を作り出し、風水でも良い気を保管できる土地と判断出来ます。逆に複雑な区画が多い地域は、見通しが悪く危険な交差点を作り出し、風水でも悪い気を集めてしまうと判断します。また、同区画内は同じ土地と判断出来ますので、同区画内に稼働率が低いビルや空地がある場合は、避けたほうが良いと判断します。

・土地があり、ビルをこれから建てるケース

当然、上述の様に、理想的な土地だけを購入し、所有出来るはずもありません。例え悪いと思われる土地でも、土地ありきで建築をし、運用する場合のほうが多いです。そこで、どの様な土地であっても、より良く建てることが出来る方法を紹介させて頂きます。最も大切なことは、周囲の環境に合わせるということです。一棟だけ、周囲環境に対して違和感のあるものは、その場の雰囲気を悪化させてしまいます。雰囲気も「気」の一種です。変な雰囲気を作らない、又、周囲から反対される建物も良い気を保管することが困難になってしまいます。そして重要なことは、ビルの顔をハッキリさせ、ビル全体の正面と背をハッキリさせることです。更にメインのエントランスをハッキリさせます。入口を複数作ることは問題ありませんが、メインをハッキリさせます。どこを向いているか解らいというのは、人も建物も不気味で、良い気を建物に取り込むことが難しくなります。これは、風通しという観点からみても、四方八方から風が入れば滞留が生まれ、逆に風通しが悪くなることと同じです。

・現在、建っている稼働率が低いビルの対処方法

ビル経営をなさって稼働率が低く困っているというご相談が一番多くあります。これは、風水以外の理由も多くありますが、風水を活用してそれらをカバーさせていきます。文頭で解説させて頂いた『割れ窓理論』を上手に活用します。ビルの周辺のどこかに、悪い気を集めてしまう場所があります。落書きは当然のこと、吹き溜まりは良くありません。ある一定の場所に風が当たってしまい、風によるエネルギーが集中し分散出来ない状態にある場所を作ってはいけません。次に溜め水は、悪い気を集めてしまいます。水は止まると腐ってしまいます。ビル周辺に溜め水が無いかをチェックし、あればそこを対処します。

簡単に汚い・暗い・臭いを極力減らす様にします。これは、ビルの周囲環境を変えることでの対処方法です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加