事務所を選ぶときに絶対に選んではいけない3つの土地

 

今日は、

事務所を選ぶときに

絶対に選んではいけない

3つの土地についてお話いたします。

1、玄関に道が直接当たる丁字路

2、左右を道路に挟まれた三角地

3、複雑な交差点にある土地

 

会社生存率

 

まず、経営者のあなたは、
『会社生存率』をご存じですか?

会社生存率とは、
国税庁が調査した
「中小企業が設立から
倒産するまでの期間」を
まとめたデータのことを指します。

 

立ち上げた会社が
30年後存続している

確率は、0.021%です。

これは希望や、やる気だけでは

存続させることが
不可能ということを表す数字です。。。

経営者にとって日々の努力や、
経営のスキル、商品、サービスの競争力など、
一般的な経営の基本は
もちろん大切です。

 

 

しかし、
事務所や自宅が建っている
土地や部屋の間取りが経営の影響を
どううけるかも
確認しておかないと、
万全とはいえません。

 

 

では、どのように備えれば
いいのでしょうか?

それに答えることが
できるもののの一つが、
数千年の歴史を持つ風水なのです。

今日は事務所を選ぶ時に、
絶対に避けてほしい3つの土地を
紹介します。

 

 

風水では、
誰にとっても凶相になる土地の特徴が
いくつかあります。

そんな土地の上では、
どんなに理想的な間取りの事務所でも
何らかの災厄に
見舞われることがあるので、
土地選びは大変重要です。

 

絶対に選んではいけない3つの土地


玄関に道が直接当たる丁字路

 

 

丁字路に面している土地は、
気が直接あたり、
凶相になります。

(ある歌舞伎俳優が住む豪邸です。建てて以来、様々な不幸に遭っています)

 

2番は、

左右を道路に挟まれた三角地

 

道路は左右から
車がやってくるので、
いろいろな気が運ばれてきます。

交通量の多い道路ほど、
いろいろな気が流れるので、
良い気と悪い気が混ざり、
気が混乱して凶相になります。

 

 


 


(左右を道路に挟まれた三角地にある建物は、
何が入っても半年を持たない店舗です。
今の店舗の前は、コンビニでした。
コンビニの前は、中華料理店でした。)

 

 

3番は、

複雑な交差点にある土地

 

いくつも道路が交差したような
複雑な場所に面した土地は、
四方から気が入り、
事故も起きがちです。

 

(渋谷駅の交差点
――日本一交通事故が多い場所です)

いかがでしょうか?


現在の事務所や自宅は
以上の3つの土地に当てはまっていますか?

 

しかし、
道路沿いでも吉相の場合も
丁字路沿いの土地は、
突きあがり正面と
その両脇にあたる土地は
凶相ですが、

両脇の土地の向かい側にある
土地は悪い気が避けてくれるので、
吉相になります。

 

また、Y字路沿いの土地も、
両脇の土地は、
悪い気が避けてくれるので、
吉相になります。

 

このように、
道路沿いの土地でも
吉相になる場合があるので、
土地選びは慎重に行いましょう。

新たに自社ビルを建てるにしても、
賃貸の事務所に引っ越すにしても、
土地選びは
とても大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事